医療廃棄物の処理

2023-09-25

医療廃棄物とは、病院や診療所などの医療機関から排出される、廃棄された医薬品、注射器、輸液ボトル、使用期限切れの医薬品、医療廃棄物などの廃棄物を指します。これらの廃棄物には、重大な事故を引き起こす可能性のあるさまざまな有害物質が含まれています。人間の健康と環境に悪影響を及ぼします。したがって、医療廃棄物の処理は非常に重要であり、医療廃棄物熱分解炉は有効な処理方法である。

医療廃棄物熱分解炉は、高温熱分解法により医療廃棄物を無害な廃ガス、廃液、気固相、灰に分解します。最終的には、無害な熱生成物が得られ、発生した排ガスはスプレーや接触酸化などの装置によって精製できます。以下に、医療廃棄物熱分解炉の主なコンポーネントと動作原理を詳しく紹介します。

コンポーネント:

医療廃棄物熱分解炉は、主に炉本体、炉、バーナー、気固分離システム、灰処理装置、精製装置、制御システムなどで構成されています。このうち、炉とバーナーは医療廃棄物熱分解炉の核心部分であり、廃棄物の分解と燃焼に使用されます。気固分離システムは、固体とガスの混合物を分離・処理し、ガスを精製して排出するために使用されます。処理後、固体は発熱量が低く、輸送や処理が容易な灰になります。灰処理装置は、灰の圧縮、梱包、保管、処理に使用されます。浄化装置は、燃焼によって発生した排ガスを排出基準を満たすように浄化および処理する役割を担っています。

動作原理:

医療廃棄物熱分解炉の動作原理は高温熱分解処理技術に似ており、そのプロセスは予熱、酸化、灰化の各段階に分けることができます。まず、医療廃棄物を炉内に貯蔵して予熱し、廃棄物中の水や油などの有機物を徐々に蒸発させます。次にバーナーを作動させ、炉内の医療廃棄物を高温に加熱します。廃棄物中の有機物質は分解および酸化されて、特定の熱生成物が生成されます。その後、発生した熱生成物は気固分離装置により分離され、固形廃棄物は低発熱量の灰残渣として処理されます。排ガスは浄化装置によって浄化および処理されます。最後に、浄化された排ガスは排出され、灰は圧縮処理されます。

アプリケーションシナリオ:

医療廃棄物熱分解炉は、主に病院などの医療機関で医療廃棄物の処理と資源化を目的として使用されています。従来の埋め立てや焼却処理と比較して、医療廃棄物熱分解炉は安全性と無害性の特性を備えており、廃棄物による環境汚染を効果的に削減し、処理効率と資源利用率を向上させることができます。

つまり、医療廃棄物熱分解炉は、医療廃棄物を効果的に再利用可能なエネルギーに変換できる、安全で環境に優しい廃棄物処理装置であり、多くの用途があります。ただし、使用中は機器を安全に操作および取り扱い、関連法規を遵守し、機器の安定性と信頼性を確保する必要があります。

関連リンク:https://www.incineratorsupplier.com/


  • QR